2020年3月24日火曜日

タイ航空 321便 バンコク・スワンナプーム国際空港 ~ ダッカ・シャージャラル国際空港 ビジネスクラス(Thai Airways 321 Bangkok Suvarnabhumi Airport ~ Shahjalal International Airport )


タイ航空 321便 ダッカ行きの搭乗記です。
ビジネスクラスです。


チェックインからラウンジまでの流れは、
本拠地サービスだけあって、完璧な流れです。


出国審査~荷物検査~ラウンジまで専用レーンが使えます。
航空券を貰って、10分後にはラウンジの入り口です。
これは、タイ航空を使う1つのメリットかと思われます。


出国し、荷物検査を終えると、すぐにラウンジの入り口へと繋がります。
素晴らしい動線。



シートの写真。
一般的なビジネスクラスのシート。
短距離用の飛行機なので、特に可もなく不可もなく。


画面は大きいですね。


離陸前にCAさんが回収して、ぐしゃっと捨ててました。
せっかくの綺麗な花なのに、、、可哀そう(笑)


おしぼり。



ウェルカムドリンク。
お水かジュースか。


搭乗してすぐに、入国カードとペンをくれるのはうれしいサービスです。
到着間際に慌てて書くのは好きじゃないので。。


機内食は、タイ料理、現地(バングラデッシュ料理)、インターナショナル(魚)
からの選択。
CAさんはタイ料理を推してきたので、推し通りタイ料理をチョイス。



見た目、ちょっと少ないかな? という感じ。
でも、実際は食べると意外とボリュームがあります。
ごはんの付け合わせも、見た目少なそうですが、
下の写真の魚の団子?がとても美味しく、ご飯が進みました。



シンガポール航空と違って、別にデザートが出ます。
ちょっとした所ですが、個人的に評価があがります。
ブックザクックを除くと、シンガポール航空より総合的に良いのでは、、
という印象を受けました。
以前より、サービス・機内食共にレベルをあげてるのでは。



そして、到着前のおしぼり。


バングラデシュの首都、ダッカに到着です。

2020年3月20日金曜日

シンガポール航空 976便 シンガポール・チャンギ国際空港 ~ バンコク・スワンナプーム空港 ( Singapore Airlines 976 Singapore Changi Airport to Bangkok Suvarnabhumi Airtport)


シンガポール航空 976便 シンガポール発バンコク行き の搭乗記です。
機材は、B787-10 。





ウェルカムドリンク、シャンパン。


おしぼり。
シンガポール航空のおしぼりの回収がとっても早い(笑)
写真1枚とってたら、もう回収です。


近距離ですが、ディナーの提供です。
ラム・ヌードル・マレー料理?からの選択。
シンガポール発のため、この路線ではブックザクックが使えます。




前もって、ラムチョップを選択。
これが、、、今までのSQ史上最高の良い選択となりました。
ソースをかけて食べますが、蓋があけずらく、
蓋をあけたらソースが服に飛んでしまいました。
味は、ラムの臭みもなく、味は最高でした。
結構、がっつりと食べられる量でした。(男性向けかな?)


夕食のパンには、オリーブもつきます。
行きの朝食にはなかったので。
やはり、ビジネスクラスでの朝食には限界がある という感じですね。


到着後、スポットの空きがなく、10分ほど誘導路で待機となりました。
スポットは入国審査場の目の前。
最高の場所でした。
マニラ発とくらべ、食事、サービス等良かった印象。
やはり、食事のウェイトは自分にとって大きなと
改めて感じさせられました。

シンガポール航空 915便 マニラ国際空港 ~ シンガポール・チャンギ国際空港 (Singapore airlines 915 Manila Airport to Singapore airport)


シンガポール航空 915便 マニラ>シンガポール ビジネスクラスの搭乗記です。



飛行機は、B787。


A330などの短距離用は、かなり座席が古い印象でしたが、
B787は新しい仕様のものです。
今回は短距離での利用ですが、もったいないくらいのプライベート空間。
シンガポール航空のビジネスはとっても久しぶりでした。



いたる所に小物入れが。入れちゃうと、忘れて帰っちゃいそうです(^^;)




早速、ウェルカムドリンク。


おしぼり。


ANC搭載のヘッドホン。
ここらへんは、シンガポール航空の高級感を感じさせてくれます。


機内食は、フィリピン料理、ヌードル、オムレツからの選択で、
ネットであらかじめフィリピンの料理を選択。

共通のものとして、まずフルーツ。
いつも通りの綺麗な盛り付け。


パン。


ヨーグルトも提供されます。


シンガポール航空なので、必ずシンガポールスリングを頼みます。


メインがなんと、、
選択したものではなく、魚が提供されました(笑)
これはこれで美味しかったので、問題なし。
朝食なので仕方ないですが、
ちょっとデザート的な要素もせっかくなので欲しかったかな。

今回のフライトは総じて 普通 という印象でした。
何か取り立ててよかったわけでもなく、、。